2010年8月14日土曜日

落水荘|Fallingwater

Posted on 8:44 by 高橋寛



いわずと知れたフランク・ロイド・ライトの落水荘である。

私が最初にこの絵を目にしたのが、大学1年のパース作成の授業で、過去の学生さんが作成したパースのお手本であった。
学生のパースとはいえ緑の中の滝ノ上の住宅。外観の構成も、まだ建築を勉強していないとはいえ、水平のバルコニーと石でできた垂直の部分がすばらしいバランスをとっている。「ああ、それが建築なんだなー」って思いました。誰でも、そう思わせるのがこの落水荘の、そしてライトのすごいところかもしれません。
それでも、この内部空間はどうすごいかって言うと、図面・写真じゃなかなか伝わりません。吹き抜けがあるわけでもなし、他に複雑な内部空間というわけでもない。部屋の大きさの割には低く感じる天井、ライト独特の流動的空間が1カットのインテリア写真でわかる感じでもない。絶景の眺望というより、マドから見えるのは木々ばかり。有名な滝ノ上の階段も、インテリアと劇的につながっている感じでもない。インテリアというと想像しにくい!というのが僕の印象です。
でも、上のアニメーションビデオを見て、やっぱりすごそうって感じました。アニメーションによって、建築の構成と視線の変化がよくわかるので、実写のビデオや写真より臨場感があります。床と敷地がどんな関係になっていて、アプローチから部屋に入るとどんな感じなのか。本当に滝の音が聞こえてるようです。派手な立体空間だけが、デザインではないのかもしれませんね。
ライトは設計がなかなか進まず、オーナーが我慢できなくライトに会おうと家を出てから、ライトが一気に設計をはじめ、プレゼンテーションしたとか、・・・また、滝の岩をそのままリビングにむき出しに使っていたりいろんな話があると思いますが・・・
落水荘Fallingwaterの実写ビデオは下も参考になります。

No Response to "落水荘|Fallingwater"

Leave A Reply